色々なリスク

更新日:6月19日

ここの所の円安はキツい


仕入れの値上げ、輸送費の値上げ

それに全て関わる円安です

トリプルパンチです


大体のインポーターさんは数年前から為替を125円上限で設定していた所が多かったと思います。


今回の値段設定は為替リスクをどこまで設定したのかが興味がありますね 個人的に

でも、為替リスクよりもフレームメーカーにとってのリスクは在庫リスクです。

フレーム部品のモデルチェンジは早く、前のモデルの部品も在庫しなければいけないのが、メーカーにとって最大のリスクなんです。

そこにリスク分を部品に乗っけるものだから、日本は部品が高額になります。

でも、在庫がのないのも困りますよね


最近の価格設定を見ていると

もうお金持ちしかできないんじゃね?って状況になりつつあります。


プラガ時代から数えて4年、今まで安く良いものをお客さんに提供したり、いろいろ水面下で動いてきました。

来年から依田商店は、やってきた事に対しての色々な答えが出てきます。


ユーザーのためにやっているつもりでも、受け入れてもらえないことも沢山あると思いますが、継続的に頑張って行きたいです。

閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示