新車で45万円(税込み)のフレーム




4月に秋ヶ瀬にて、ティロットソンのお試しレースの開催を思案中です。


それに合わせ、SLやROTAXに出場するためのティロットソンフレームの販売も始めたいと思っています。

みなさんご存じではないかもしれませんが、フレームって販売しても意外と儲からないもので、あんなに高い新車を販売しても、販売店の手元にはそんなに利益が残らないんです。


自分は普段から、お客さんに提案しやすい価格のフレームがあると良いなと思っていました。


そこで最初に販売協力してくれる店について、既存のフレーム(税込65万円クラス)の販売利益を残しつつ、エンドユーザーには45万円(税込)にて、販売できるような提案をしたいと思っています。※ホイールはダグラスのアルミニウムがついています。


しかしながら、この業界にはしがらみも多く

フレームを安く売るからと言って、流行らないことも多いです。


ティロットソンシリーズを開催するにあたって、中古市場も活性化していきたいことが狙いとなります。

数年後には45万円の新車なら、程度の良い中古でも10万円台で流通する可能性もでてきます

数年後、ティロットソンシリーズが開催していれば、参加しやすいカテゴリーになっていく可能性も高くなっていきます。


利益を削って販売していくのは、会社の努力の部分も大きいです。

依田商店が安く販売できている理由は、少ない人数(1人)で成り立っていることが大きいです。

倉庫はマキシスさんから間借りしているので、倉庫保管料が安いです。

配送費が安いです。

おそらく、ほかのインポーターさんよりも固定費が断然少ないと思います。

あと社長の欲望は大きいけど、お金の欲が少ないこと(笑)


現在は、マキシスタイヤの販売がよくなってきているので、ティロットソンに力を入れられる時期になってきました。

この何年間を走り切りたいです。


あとは市場が受け入れてくれる事を願って…


閲覧数:132回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここの所の円安はキツい 仕入れの値上げ、輸送費の値上げ それに全て関わる円安です トリプルパンチです 大体のインポーターさんは数年前から為替を125円上限で設定していた所が多かったと思います。 今回の値段設定は為替リスクをどこまで設定したのかが興味がありますね 個人的に でも、為替リスクよりもフレームメーカーにとってのリスクは在庫リスクです。 フレーム部品のモデルチェンジは早く、前のモデルの部品も